やみっちホーム RPGツクール2000 RTP  (容量:約15MB)
「呪いの館」を探索する、コメディホラーADV。
制作者・たぐち 様による、「VIPRPG 2017夏の陣」 No.26 出展作品。
何作か「VIPRPG」をプレイしており、キャラクターを知っている人向け。
FCソフト「スウィートホーム」等のパロディネタが有り。


yamichihome

見知らぬ洋館に連れ込まれてしまった「やみっち」が主人公。
20万Gの賞金に釣られて、「呪いの館」の謎の解明に乗り出します。

即死系の罠、選択ミスによるゲームオーバー展開は無し。コメディ寄りの内容で怖さは控えめです。
アイテムの「ラジオ」で雑談できるライチ、死体や幽霊役、助けを求めてくる人物達との緩いイベントを楽しみながら、のんびり探索を進められます。

ゲームの舞台となる屋敷は、本家「スウィートホーム」程ではないものの、部屋数が多い広めのマップになっています。
「Ver 1.3」以降の更新で、一度行った場所に瞬時に移動できる技能の「てれぽーと」が追加されていますが、アイテムやイベントを回収し損なって次の行き先に迷うと少々探索に時間がかかりますね。

アイテムは、鍵等の自動的に使用される物を除いて、メニュー画面から選択して謎解きに使用します。
アイテム毎に主人公とライチのコメントが用意されており、各部屋の謎解きや敵の対処等、状況によって効果がありそうな物を予想していくのも面白かったです。
「感想掲示板」の方にあるヒントを見れば何とかなりそうですが、一応自分用の攻略メモを置いておきます→攻略メモ

短時間で行けるENDもありますが、推定プレイ時間は3時間前後。
正規ルート以外に賞金を諦めて屋敷から出る、病院に連れて行った方が良さそうな人物と脱出する等、とった行動によって5種類の結末に分岐します。
不気味なクトゥルフネタや陰鬱な設定も出てきますが、道中で遭遇するキャラ達のおかげで後味の悪さは無く、明るい気持ちでプレイできる作品でした。
作品情報の「ダウンロード」にゲームデータ、感想掲示板に更新情報が有ります→DLサイト

ゲームデータがRTP抜きになっている場合、自分でゲームフォルダに入れる必要があります。
RPG_RT』と表記されている剣のアイコンのゲームを実行するアプリケーションです。「RPGツクール2000」で制作されたゲームから、ドラッグして入れると起動できるようになります。)

スポンサードリンク