炎上なう *無料携帯アプリ
SNS風シミュレーションゲーム。
ツィッター風のコミュニケーションツール「Tmitter」で、登場人物が炎上しないようにサポートしてあげたり、逆に煽って末路を見届けます。
炎上フラグゲージの溜まり具合によって、「ノーマルエンド」、「炎上エンド」に分岐。


ゲーム開始時に、主人公の名前(デフォルト名:ほむら)、ID、アイコンの設定を行います。
主人公が返信(リプライ)によって干渉できるのは、拡散されるような面白ネタを探している後輩「ケンヤ」、自撮りを投稿している「ゆずぴょん*゜」、彼女とのノロケを連発する「ヤスヒロ」、絵を描く事が好きな中学生「りんごジャム」、イケメンで人気者の「JUN」といった癖のある男女。
「タイムライン」画面に、上記以外の登場人物やbot等のつぶやきも流れてきますが、ゲームの進行に関係無い人物は丸いアイコン表示になっています。

「会話リスト」に入るメッセージに返信しながら、ゲームを進めるシステム。
相手を落ち着かせるような回答をすると炎上回避となり、煽る返信をしてしまうと炎のマークが表示されて、炎上フラグゲージが溜まっていきます。
選択した返信によっては、相手の機嫌を損ねて即ブロックされる事もあり。
登場人物は、現実のSNSにもいそうなキャラクターになっており、主人公が干渉しなくても、いつか何らかの騒動を起こしそうです。
最初は何でこんな妙な人達を監視しているのだろうという気になりますが…

画面左上には「速度制限」のマークが表示されており、登場人物に返信する度に残数が減少します。
動画広告を見る事で最大値まで回復させられますが、時間経過でも少しずつ回復していきます。
何回か動画広告を見ながらプレイしましたが、連続で見るのは億劫になってきますね。
一旦ゲームを止めて何分か経過してから起動すると、「速度制限」が回復しているので、放置しながらちょっとずつ進める方が楽かもしれません。

全ての登場人物の「炎上エンド」を回収すると、「???」と表示される正体不明の人物からメールが届きます。
プロフィールを見ると「zuttomiteru」というID以外、呟き等の情報は無し。
メールの選択肢で誰なのか聞いてみると、「君がTmitterを始めた頃からずっと繋がってたフォロワーの一人」とだけ回答してくれます。
5名の人物を眺めていたのと同じく、主人公もまた誰かに監視されていたのかと思うと不気味な思いになりますが、悲惨な炎上エンドも面白かったです。

最後に出てくる隠しキャラは、最初から周辺が炎上している人物。
適切な選択肢を選ぶ事で、「炎上フラグゲージ」を減少させて手助けする事ができます。
タイムラインに出てきた時は急展開すぎて驚きましたが… アクが強い登場人物とのやりとりの後という事もあり癒されました。
制作者・ SEEC inc.様のサイトに、 作品情報が公開されています→DLサイト

スポンサードリンク