SPIRITBREATHoftheWILD RPGツクール2000 RTP  (容量:9.6MB)
無人島サバイバルゲーム。
島に置き去りにされたスピブレを操作して、素材採取、クラフト、釣り等を行いながら脱出を目指します。
制作者・かすていら様による、「VIPRPG GW祭2017」 No.03 出展作品。 何作か「VIPRPG」をプレイしており、キャラクターを知っている人向け。


スピリットブレスオブザワイルド

拠点、海岸、森、平原、山岳の5つのエリアで構成された小さな島が探索の舞台になっています。
拠点では、素材を組み合わせてアイテムや装備品を作る為の作業場所あり、他のエリアでは木や石、食料等のアイテムを拾い集める事ができます。
画面右上には、最大100の主人公の「満腹度」が表示されており、時間と戦闘ターンの経過によって減少していきます。
拾った果物や釣った魚を使用する事で回復できますが、数値が0になるとゲームオーバー。
「拠点で一日を終える」選択をすると、翌日に進みます。

イベント時を除き、戦闘は敵に接触する事で発生するシンボルエンカウント制。
投げられる丸い石、全体攻撃ができる丸太、クラフトで作成した武器等、使用回数が限られているアイテムを使用して戦闘を行うシステム。
一定の回数使うと武器は無くなってしまいますが、防具は使用回数は無し。
採取エリアには、それぞれ一体ずつ強力なボスも存在しており、放置して進む事もできますが、倒すと素材やアイテムが入手できます。
序盤は雑魚敵ですら厳しく感じる難易度ですが、装備品や強力なアイテムが揃う頃になると、ボスも難なく倒せるようになります。

無人島内で生活できる期間は、50日間。ゲーム中盤頃にイベントが発生し、タイムリミットが宣告されます。
木の枝とオオカミのフンを組み合わせて「のろし」を上げ、救助隊に発見してもらう事で島からの脱出が可能になります。
狼煙を上げても必ず助けが来る訳ではなく、運の要素もありますが、無駄に日数を浪費しなければ、実績集めをしながらでも余裕を持ってクリアできそうです。

推定プレイ時間は、2時間前後。ボス討伐や実績にこだわらなければ、短時間で脱出する事も可能。
クリア後は、成績と実績、ゲーム設定等が確認できるおまけ部屋に入れます。
ちなみに、無人島で37日間過ごして実績を回収し、のろしの使用回数3回で脱出する成績でした。
のろしに必要なアイテムさえ集めてしまえばいつでも脱出可能なので、ゲームの実績を集めながらのんびり滞在したり、数日でさっさと脱出する等、自由に遊べる作品です。
作品情報の「ダウンロード」にゲームデータ、「感想掲示板」の方に更新情報が有ります→DLサイト

ゲームデータがRTP抜きになっている場合、自分でゲームフォルダに入れる必要があります。
RPG_RT』と表記されている剣のアイコンのゲームを実行するアプリケーションです。「RPGツクール2000」で制作されたゲームから、ドラッグして入れると起動できるようになります。)

スポンサードリンク