phantom0RPGツクールVX (容量:約292MB)
「呪いの夜」という災厄に襲われている世界が舞台のファンタジーRPG。
王宮で籠の中の鳥のように生きてきた、王女・アーネ(アーネスティン・レンフィース)が主人公。
呪いの夜に起きた騒動から、広い外の世界へ旅立つ事になる―


ファントム ルーラー

ゲーム開始時に、難易度を「ノーマル」か「リアル」より選択できます。メニュー画面のオプションで後から変更する事も可能。
主にリヴィアス王国の王女「アーネ」を操作する事になりますが、その後、別のキャラクター視点に切り替わる場面も有り。
メインイベントに関係する場所は、丸いマークが表示されており、その位置へ移動する事で物語が進展します。
赤い色のマークの場所では、戦闘が発生。登場人物とのサブイベントが発生する場所は、魔法陣のマークで表示されます。

最初は、世間知らずな王女の成長と冒険の物語という印象でプレイを始めましたが…
仲間達とのコミカルな会話イベントも多いものの、中盤以降は暗くシリアスなストーリー展開に引き込まれました。
各地で起こる「呪いの夜」の現象も不気味で、若干ホラー要素のある村やダンジョンも出てきます。

イベント時を除き、戦闘は敵シンボルに接触する事で発生。
通常攻撃や魔法の他、キャラクターの固有技、戦闘中に一度だけ使える戦術技を駆使して攻防を行うシステム。
戦闘に勝利すると倒した敵から結晶を入手する事ができ、新たな魔法とスキルの習得に活用できます。
魔法習得と魔道書の熟練度をコツコツ上げていくのも面白く、雑魚戦も楽しみに進められました。

ダンジョンでは、主人公の闇を照らす力の他、「ミィネ」の鍵開け、「レヴィンス」の着火、重い障害物を動かす等の能力を使った仕掛けも用意されています。
もう少しヒントが欲しくなる謎解きも一部ありましたが、詰まった場合は公式サイトに攻略情報が公開されています。

一周の推定プレイ時間は、15~20時間前後。
「バージョン2.02」以降の更新で、クリア後データから、各キャラの能力、アイテム、魔道書の熟練度等を引き継ぎ(イベント関連のアイテムや一部スキル除く)、二周目がプレイできる機能が追加されています。
特典として、仲間の新たな属性魔法やスキルが増えており、初回プレイで取り逃がしたイベントや隠しダンジョン攻略、小説集めを行いながら二周目もじっくり遊べそうです。
エンディングは全ての問題が解決せず、続編に繋がりそうな終わり方ですね。
主人公と仲間達の他、サブキャラも魅力ある人物が多いので、また活躍が見られる次回作があればプレイさせて頂きたいです。
制作者・ KOU 様の公式サイトに、作品と攻略情報が公開されています→DLサイト

スポンサードリンク