闇色スターナイト RPGツクールMV
歌って踊って戦えるアイドルを目指す、短編RPG。

運動神経は優れているものの、歌が下手クソな「ガル」が主人公。
町のアイドル・コンテストに出場する為、マネージャーの「スピカ」、癖のある人外メンバー達と共に奔走します。


戦闘

「エインワーズ家の従僕たち」「幻影のビブリオ」「とらねこ屋!~仕方がないので働きます~」等の制作者・宮波笹様の作品。
過去作品をプレイていなくても問題なく遊べますが、前作関連のキャラクターが少しだけ登場します。

コンテストの優勝候補「SKY☆クリスタル」をはじめとして、多くのアイドルグループで賑わうプロキオンの街で活動しながら、人気の目安である「スター度」を上げていきます。
ゲーム開始時に操作できるのは主人公の「ガル」のみですが、各地のダンジョンを攻略していく事で新たなメンバーが加入します。

「スター度」はNPCとの会話やステージ、昼の時間帯の戦闘等で増加し、一定の数値まで溜まると主人公と仲間のレベルが上昇。
最初は町の片隅にあるみかん箱の上しか利用できませんが、スター度と資金の条件を満たせば、もっと良い場所でステージを開催できるようになります。

戦闘は、敵に接触する事で発生するシンボルエンカウント制。
「スター度」によってレベルアップするシステムになっているので、通常戦闘をこなさなくても、ステージを何回か開催すれば楽に戦力強化が行えます。
操作キャラ達は、昼は人間世界に溶け込む為の姿をとっており、夜になると本来の姿と力を取り戻します。
耳や翼を出した人外の姿の他、ステージ衣装に着替えたグラフィックもあり、細かい変化が楽しめます。
昼と夜の時間は、主人公の自宅か、ダンジョン内のクリスタルの所で切り替え可能。

クリアまでの推定プレイ時間は、2時間前後。
ゲームの進行によって、町の様子や住民との話の内容が変化するので、スター度を稼ぎながら探索して回るのが楽しい作品でした。
終盤は心温まるほのぼのした展開になっており、主人公達以外の妙なアイドルグループも含めて応援したい気持ちになります。
制作者・宮波笹様のサイト「とらねこさんの小屋」に、前作を含む作品が公開されています→DLサイト

スポンサードリンク