gomes RPGツクール2000 RTP (容量:約3.5MB)
屋敷探索RPG。
バス事故に巻き込まれてしまった「アレックス」と仲間達。
近くの屋敷に立ち寄るが、そこは化物が徘徊する怪しい研究所だった―
とった行動や選択肢が仲間の生還に影響し、エンディングが分岐します。


Go-MES

制作者・ またしてもゴメスゲー様による、「VIPRPG紅白2010」 No.039 出展作品。
ある程度「VIPRPG」をプレイしていて、キャラクターを知っている人向け。
また、ギャグ寄りのゲイネタや「Gu-L」のパロディ要素があるので、苦手に感じる人は止めておいた方がよさそうです。

主な操作キャラは、「アレックス」、「ザック」、「ブライアン」、「ダッツ」、「アルベルト」、「エンリュウ」、「ファルコン」、「サモン」の8名。
主人公を含む最大4名のメンバーを編成し、探索や敵との戦闘を行います。
時折、屋敷の仕掛けへの対処やどんな行動をとるか選択を迫られる場面があり、選択次第で仲間が失われてしまうイベントが発生します。
屋敷内のオブジェからは戦闘や回復に使えるアイテムの他、イベントに関係する物も見つかるので、探索は序盤から十分にやっておいた方が後々困らずに済みそうです。

イベント時を除き、戦闘は屋敷内を徘徊する敵シンボルに接触する事で発生。
戦闘に勝利しても経験値は入らないので、雑魚戦をこなさなくても問題なく終盤まで進めます。
戦闘や探索で入手したアイテムは、「魔力の結晶」がある場所で魔力変換や道具の作成に利用できます。

一周の推定プレイ時間は、2時間前後。仲間の脱落人数によって、3種類のENDに分岐するマルチエンディング。
クリア後の部屋では、キャラ毎の設定やおまけ戦闘が用意されており、戦闘や会話がスキップできるアイテムが入手できます。
慎重に探索していったおかげか、初回プレイでも全員無事に帰還する結末に到達できました。
ホラーや陰鬱な要素はほとんどなく、一周目にとらなかった行動を試しながら気楽にイベントとエンド回収が楽しめる作品です。
作品情報の「ダウンロード」にゲームデータ、掲示板の方に攻略のヒントが有ります→DLサイト

ゲームデータがRTP抜きになっている場合、自分でゲームフォルダに入れる必要があります。
RPG_RT』と表記されている剣のアイコンのゲームを実行するアプリケーションです。「RPGツクール2000」で制作されたゲームから、ドラッグして入れると起動できるようになります。)

スポンサードリンク