スチームパンク風のRPG作ってみた タイトル RPGツクールVXAce (容量:53MB)
「AxisPowersヘタリア」のキャラクターが登場する、二次創作・中編RPG。
魔道科学に精通する青年「アーサー・カークランド」が、古代の遺跡が残る時計塔の中を探索します。
元ネタを知らないと分からない部分が多いので、原作が好きな人、二次創作に抵抗の無い人向け。


空気と水が汚染された町で準備を整え、内部に侵入すると「生きているうちには出られなくなる」と噂される時計塔の地下を目指します。
セーブデータは町の宿屋か、ダンジョン内のクリスタルがある場所で記録可能。
町の施設では、資金を消費して攻撃力と防御力アップが行えます。

戦闘は、ランダムエンカウントで発生。通常の戦闘からは逃走しやすいので、ダンジョン内のギミックに集中して楽に進めるバランスになっています。
操作キャラと敵の素早さに応じて行動順が回ってくるシステムになっており、応急処置、射撃、魔法等の特技を駆使して攻防を行います。
初期の特技以外にも、ダンジョン内に落ちている「魔道書」を入手する事で新たな魔法を会得する事ができます。

キック、連弾等の技を使用した際、敵の下付近にタイムリミットのバーと、[Z]、[Q]、[→]等のマークが表示されるので、テンポ良く該当のキーを押すと連続攻撃に成功します。
タイムリミットのバーの表示が無くなるか、表示されているキーと間違った入力をした場合は、連続攻撃は不発に終わります。
慣れないうちは失敗続きでしたが、入力を上手く繋げられるようになると、アニメーション演出付きの連続攻撃を繰り出せるようになり、軽快に遊べます。

序盤は主人公単独で行動しますが、途中からはダンジョン内で出会う「アルフレッド・F・ジョーンズ」も操作可能になります。
[A]キー(Xボタン)で操作キャラを切り替えて、協力して解く仕掛けも用意されており、二人の登場人物によるイベントやアイデア豊かなギミックの数々が楽しめます。

終盤には「アーサー」と「アルフレッド」が探していた物が明らかになり、寂しい雰囲気でエンディングを迎えるのかと思いきや、最後のエンドロールのおかげで清々しい気持ちでゲームを終える事ができました。
ゲーム開始後すぐに時計塔へ行けますが、町を巡って住民と一通り会話しておくと、序盤と終盤の変化がより分かりやすくなりそうですね。

制作者・gurin@ヘタSRPG様のプロフィール(「▼もっと見る」で表示される欄)に、作品情報がある公式サイトのアドレスが有ります ⇒ http://www.nicovideo.jp/user/3928712
(*公式サイト「ゲームの配布」の項目に作品情報、DLの際に入力する必要がある「キーワード」も作品情報に記載されています)

スポンサードリンク