徒花の館 RPGツクールVXAce RTP (容量:38MB)
獲物として集められた6名の少年少女と心理戦を繰り広げるADVゲーム。
自らをシリアルキラーと名乗る「音霧 紅刃」が主人公。
主人公とターゲットが一対一で生死を賭け、様々なルールのデス・ゲームを行います。
*「Ver1.03」~一部のEND等が追加されています。


徒花の館fail

主人公は明るく軽いノリのツインテールの少女。
獲物となる少年少女達も癖のある人物揃いになっており、普通に恐怖や不安を感じるキャラクターがいないせいか、淡々とゲームが進行していきます。
残酷な展開もありますが、意外に陰鬱さや後味の悪さは控えめです。

金庫の中のお金を取り合う「強奪ゲーム」、高級品を賭けて駒を出し合う「キングスゲーム」、人が隠れたロッカーを当てる「かくれんぼ」、ぐー、ちょき、パー、特殊カードの4枚を出して勝敗を決める「じゃんけんカード」、白林檎と赤林檎を取り合う「林檎ゲーム」を順にこなしていきます。
デスゲームの勝敗の結果によって、対戦相手や最後の結末が変化します。

セーブデータは、主人公の部屋で記録可能。
また、相棒の悪魔・翠と会話したり、PCを調べる事で6名のターゲットのプロフィール情報も確認できます。
ゲーム開始時のプロフィールは、「ファイル1」しか無い状態ですが、デスゲームに勝利していく事で更なるファイルの情報が追加されます。

ターゲット達はそれぞれが一度だけゲーム中に質問をする事ができ、それに対して主人公は真実か嘘の回答を行います。
全てのゲームで嘘の回答は一度しかできないルールになっており、違反した場合は即ゲームオーバー。
[A]キーで文章のスキップもできるので、勝敗の結果や生存者数を調整しやすい作りになっています。
エンディングはあっさりしているように感じましたが、ギクッとするタイミングで質問してきたり、主人公の回答が嘘になってしまうような罠を仕掛けてきたりと、毎回緊張感のある対戦相手との心理戦が楽しめる作品です。
制作者・雪月花様による前作の「鬼子母神の夢」、「夏の幽霊飴」等も公開されています→DLサイト


スポンサードリンク