バグ=デバ01 WOLFRPGエディター (容量:約27MB)
ゲームの中でバグ探しを行う探索型ADV。

自分が作ったフリーゲームのバグに悩む少女「古村 雨(こむら あめ)」が主人公。
デバッグ事務所「バグ=デバ」の力を借りて、バグを除去していきます。


バグ=デバ バグ=デバop

*ふりーむ!の一つのマップで構成されたゲームの制作企画「ワンマップフェス2」参加作品。
コンパクトなマップを探索しながら、ゲーム世界のデバッグをしていく内容になっています。

ホラーやアクションの要素は無く、登場人物や一枚絵、スマホ風のメニュー画面等は可愛いデザインで描かれています。
セーブデータは、スマホ画面風のメニューの「diary」から記録可能。
「memo」の画面では、未発見のバグのヒントが確認できます。
回収したバグの欄からは、詳しい解説等を見る事ができ、ゲーム制作の事情や用語に疎い者でも分かりやすい作りになっています。

謎解きの難易度は易しめですが、全てのバグを回収する場合には、念入りに探索をしながら色々な行動を試す必要がありそうです。
ゲームを進行させていく事で自然と発見できるバグもあれば、自力では気付き難い箇所もありましたね。
「memo」のヒントを見ても予想がつかない場合は、公式サイトに攻略情報が置かれています。

クリア後にタイトル画面から行けるオマケ部屋を含めて、推定プレイ時間は 40分~1時間前後。
バグを全て見つけているか否かで、「Normal end」と「Good end」の2種類のエンディングに分岐します。
バグ探しの合間に導入される、登場人物同士のやりとりも微笑ましく、ほのぼのした世界の探索が楽しめる作品です。
戸塚晶様の公式サイトに、ADV「彼岸邸」「禍代の神子-灰桜-」等も公開されています→DLサイト


スポンサードリンク