ツクモガミーズ! RPGツクールMV (ブラウザ版とDL版があり)
個性的な九十九神と人が登場するコメディADV。
九十九神と言霊のハーフである「ムスビ」は、良い言葉を集める修行に出かけるが、まともに喋らないひきこもりJK「憑代すみか」の口内に宿ってしまう―
マップの探索やミニゲームをこなし、シナリオを進めていきます。


tukumo

水松茶 茶々留様による「電ファミニコゲームマガジン」の週刊連載作品。
DL版の他、PC、スマホでプレイ可能なブラウザ版もあるようですが、特定の環境では機能しないとの事です。
「電ファミニコゲームマガジン」のSPECの欄に、『動作環境:IE以外のブラウザ』『推奨環境:Chrome Firefox Safar(iOS版)』と記載があります。

「ツクモガミーズ! 第1話&第2話」では、「憑代すみか」を操作する人間の世界と、「ムスビ」が行ける付喪神の世界を切り替えながらゲームを進めるシステム。
主要人物の「憑代すみか」は人前では喋れないものの、その行動や心の声を見ると全く大人しいキャラではなく、お喋りで明るい「ムスビ」と息のあった掛け合いを繰り広げます。
敵から逃走するアクション操作とゲームオーバー展開もありますが、易しめの難易度でユニークなミニゲームの数々が遊べます。

「第3話」は、「湯坂めでる」が買ってきた中古の乙女ゲーム「あなたの顔だけ愛してる」をプレイする内容。
濃い主人公視点でイケメンの顔だけが表示されるカオスな世界を体検します。
攻略対象キャラ2名のルートの他、終盤で某人物が見つける新ルートが有り。
「第4話」は、転校生としてやって来た「ライセ」視点のミニゲームに、不器用なやり方ではあるものの変わろうとする「すみか」のシナリオが用意されています。
「第5話」では、正体不明の男と義歯の九十九神が登場。人間の世界と付喪神の世界を切り替えながらイベントとミニゲームを進めます。
「第6話」は、環境委員の活動である汚部屋掃除のミニゲームをこなします。
コミュ障だが人の良い「湯坂めでる」と阿呆の「モクシ」も良いコンビになっています。

一話につき 10~20分程度でクリアできるボリュームになっているので、週刊誌感覚で気軽に遊べます。
会話イベントはシュールで独特なノリですが、登場人物達の台詞に笑わされながら、テンポ良くストーリーを追っていける作品でした。
気になる場所をクリックか決定キーで調べて、マップに用意されている操作キャラの反応や小ネタ探しも楽しめます。
もっと多くの九十九神や人間の登場人物が見たい気になり、全何話予定になっているのか分かりませんが長く続いて欲しいです。
作品情報の「PLAY」の項目に、ダウンロード版とブラウザ版が公開されています→DLサイト

スポンサードリンク