uramikko RPGツクール2000 RTP (容量:144MB)
怨霊が潜む「青樹ヶ海中学校」を彷徨う、ホラーADV。

制作者・シアン様による、日常侵食ホラー つぐのひシリーズ。
「ニコニコゲームマガジン」の連載作品で、全四話で完結です。


怨みっ子 -つぐのひ異譚2- 第死話 uramikko 第4話 

*ホラー演出や決定キーの連打で敵を振りほどく簡単なアクションの要素が有り。
ストーリーが繋がっているので、「怨みっ子 -つぐのひ異譚2-第1話」から順にプレイした方が良さそうです。
「怨みっ子 第3話」の操作キャラである「小林みずほ」視点のシナリオから始まり、1~3話の主要人物が協力して「村岡死季子」と旧校舎の謎を解き明かしていく事になります。

[SHIFT]キーで確認できる地図の他、次にとるべき行動が画面上に表示されるので、迷わずに3D風マップの探索を進められます。
セーブデータは、教室に入る時等の特定のポイントで記録可能。
前作より敵の出現率は低めで、アクション操作も易しめの難易度になっています。
敵に襲われた際に減少する「SAN値」を回復するアイテムは無いものの、定期的に回復できる機会用意されています。

推定プレイ時間は、「EPILOGUE」のシナリオを入れて 1時間半程度。
登場人物や青樹ヶ海中学校、闇サイトについての事情が明かされていき、終盤は暗い世界観に入り込んでプレイできる作品でした。
前作では次々と襲い掛かってくる敵に恐怖させられたのに、「第死話」では不気味な程あまり襲ってこないな…と思っていたら、ストーリーの面で突き落とされた感じがしますね。
別のENDルートもあれば…とちょっと希望を捨てきれない思いもありますが、「EPILOGUE」にショックを受けながらも好きな結末です。
制作者様の公式サイト・ImCyan(アイムシアン)にて、作品が公開されています→DLサイト

スポンサードリンク