孤島の人魚 OP WOLF RPGエディター (容量:約11MB)
小さな島で遭難生活を送る、短編ADVゲーム。
嵐の海に投げ出されて孤島に流れ着いた遭難者の少年が主人公。
たまに顔を出す人魚と交流しながら、島で採れる素材を料理して飢えをしのぎ、無人島からの脱出を目指します。
第11回ふり-む!ゲームコンテスト ワンマップ部門銀賞


孤島の人魚 タイトル 料理シーン

制作者・幾山アカリ 様による、「ワンマップフェス」参加作品。
コンパクトな一画面の孤島のマップを探索し、食料や木材を集めて日々を過ごします。

画面上に主人公の「体力、体調、気力」の数値が表示されており、移動や採取等の行動をとる度に減少していきます。
そのまま食べられる果物や焚き火のある場所で料理したアイテムを使用する事で回復可能。
数値が0になるとゲームオーバーになってしまうので、残り数値に気を配り、食料のストックをまめに使用しながら探索していく必要があります。

主人公のステータス値の減少が早めなので、初回プレイ時は死にやすかったものの、食材がある場所を把握して効率良くマップを探索できる段階になると楽に進められました。
「塩」がとれる海の岩や「シーカウ」の居場所は少々見え辛い気がしましたが、詰まりそうな箇所はゲームフォルダ内の説明書に攻略のヒントがあります。

一周の推定プレイ時間は、15分前後。
初回は人魚の好感度が足りなかったのか、主人公一人で脱出するちょっと寂しいエンディングになりましたが、二周目で「HappyEnd」に到達できました。
孤島での食材集めや料理の他に、冷淡な態度をとるわりに差し入れや手助けをしてくれたり、主人公に徐々に心を開いていくヒロインが魅力的で、交流の要素も楽しめる作品です。
「HappyEnd」後の二人が少しだけ登場する、短編RPG「迷子の人形」も公開されています→DLサイト

スポンサードリンク