ruica03 RPGツクールVXAce RTP (容量:103MB)
ゴーストネゴシエーションADV。

カメラアプリを駆使して、死者と交渉、使役を行う事ができる女子高生の「塔崎 涙歌」が主人公。
学校関係者からの依頼で訪れた旧校舎を探索し、怪奇現象の原因を究明します。


心霊写真使い涙歌 七人ミサキの呪い

企画原案・保坂歩様、ゲーム制作・カナヲ様による、ビーズログ文庫アリスの小説「心霊写真使い涙歌」の前日譚となる作品。ストーリーはゲームの中で完結する作りになっています。

四階建ての校舎の中に潜む七人の霊を「ビヨンドスコープ」で見つけ出し、写真を撮影。
撮影した死者は、メニュー画面のアルバム欄から呼び出せるようになります。
また、涙歌が最初から連れている亡者の仲間もおり、呼び出す事でインターネットでの情報収集や、主人公が移動できない場所を浮遊して探索する等の能力で手助けをしてくれます。
謎解きはほとんどなく、ヒントをくれる仲間もいるので易しめの難易度で進められます。

探索によって死者に関する情報やアイテムが一通り揃うと、交渉画面へ移行。
交渉材料となる情報の中から適切なものを選択して突きつける「アクティブパネル」、相手を刺激せずに落ち着かせるような会話内容を選択する「パッシブパネル」の二種類のマス目を進んでいきます。
ゴール地点にいる相手の所まで到達すると交渉成功。少ないミスで交渉を終えると、ボーナスアイテムが獲得できます。

クリアまでの推定プレイ時間は、二時間前後。
旧校舎の階毎に、学生や教師等の霊と遭遇する事になり、それぞれの個性や事情に合わせて交渉する面白いシステムの作品でした。
ホラー演出や即死系の罠もありますが、登場人物のコミカルなやりとりを楽しみながら物語を進められるので、暗くなりすぎずにプレイできる内容になっています。
制作者・カナヲ 様の公式サイト「てりやきトマト」に、作品情報が公開されています→DLサイト

スポンサードリンク