神林家殺人事件 (容量:約34MB) 
「第七回WOLF RPGエディターコンテスト」、エントリー番号【2】出展作品。
先輩の「江崎玲於奈」に誘われ、推理小説愛好家が集うオフ会にやって来た大学生「高尾田悠」が主人公。
「神林家」の屋敷で起こる事件の真相を探る、推理アドベンチャーゲーム。


かまいたちの夜風・推理ADV k002

「ドキッ! 女だらけの雪山殺人事件」「死妖花」「何も事件は起こらなかった」「不浄なる密室」の制作者・鳥籠様による作品。
ストーリー上の繋がりは無いものの、作中に前作が関係する小ネタもあるのでプレイ済みの方がより楽しめそうです。

屋敷に遅れてやってくる人物の名前や、屋敷に集まった多くの人物から犠牲者が出てくるあたりは「かまいたちの夜」を連想させる作りになっています。
登場人物と会話を重ねながら屋敷の調査を行う事で、ストーリーが進展。
ゲーム開始時は、「悠」と「玲於奈」の二名で行動する事になりますが、選択肢によって屋敷の中の人物と行動を共にしたり、主人公単独で探索する場面も出てきます。
四階建ての屋敷+αを探索する事になり、移動はちょっと大変ですが、メニュー画面からこれからとるべき行動とマップが確認できるので迷わずに進められました。

犯人に辿り着くエンディングまでは、2時間半前後のプレイ時間。二周目からは新たな選択肢が出現しています。
事件現場の調査で不審に思っていた人物に目をつけていたので、犯人の入力画面から「エンド1」に到達できました。
主要人物の死亡を含む豊富なBAD ENDの他、ギャグ寄りの結末も多く用意されており、珍回答を入力して主人公の狂った推理を見ていくのも面白い作品。個人的には、チャカポコチャカポコ…言い出すENDが好みでしたね。
(追記)掲示板のヒントも参考にさせて頂き、ようやく エンド0~27まで回収できました。
ざっくりした内容の攻略メモですが、置いておきます→攻略メモ

詰まった場合は、ゲーム情報横に置かれている「ご意見/バグ報告BBS」も参考になりそうです。
(ウディコン終了後は、掲示板が過去ログに移動となり、書き込みができなくなります)

スポンサードリンク