y0001 WOLF RPGエディター (容量:約65MB)
漢字の読み、英語、元素記号等を入力して戦闘を行う、タイピングクイズゲーム。
主人公は、討伐任務で体を失うことになってしまった紫色の魔術師「カルエラ」。 魂のままで動ける期日の24日の間に、元の体を取り戻すべく奮闘します。
一部のイベントで、ゆるいGL要素が有り。


y0002 y0003

ゲーム開始時に、難易度の設定が行えます。プレイしてみて難易度が合っていないように感じたら、拠点の「せってい」画面で変更する事も可能。
「そこそこ」がノーマルな難易度になっており、タイピング初心者向けの「らくらく」設定も有り。

主人公がギルドの任務で、吸血鬼の住処に向かう事になるOPから物語が始まります。
序盤のイベント後に、ゲームの記録、主人公の能力を上げるレベルアップが拠点で行えるようになります。
制限日数は画面右上に「余命」として表示され、拠点から探索場所に出かける度に一日ずつ経過。
タイムリミットの「余命」が0日になる前に、拠点とダンジョンを行き来して、主人公の能力アップと最終目的地までの探索を進めていきます。

探索場所を決定すると自動的に探索が進み、時折敵との戦闘が発生。
敵との遭遇時に、画面左上に敵が出す問題の傾向やレベルが表示されるので、苦手な敵の場合は「やりすごす」を選択して逃走する事もできます。
画面に表示される単語や文章の読みを入力し、正しくタイピングできた場合、敵への攻撃が発動。制限時間を過ぎてしまうと、逆に主人公が攻撃される事になり、ダメージを受けます。

早くタイピングゲームを進めたい時は、ストーリーパートが少々長めに感じる事もありますが、ダンジョン攻略の合間には、カンナやセロン、ルー語のような喋り方をする海賊等、登場人物達による賑やかな会話イベントが導入されます。
「そこそこ」の難易度でプレイしましたが、序盤の川、森までは軽快に進めたものの、海ぐらいから英語や元素記号等も出題されるようになり、難易度が上がっていきます。
あまり日常で使わないような言葉も多く出てきますが、問題のヒント、パス、時間停止等の魔法を上手く使って切り抜けるシステムになっています。

推定プレイ時間は、1時間半~2時間程度。一周目に通常のエンディングを見た直後、タイトル画面で「はじめから」を選択すると、「セロン」とのイベントの変化や選択肢によるEND分岐ルートがある二周目が始まります。
終盤やラスボスは「そこそこ」の難易度でもきつめに感じましたが、通常のタイピングに主人公の能力アップや魔法による救済措置が加わったシステムになっており、タイピングが大して上手くない自分でも楽しめる作品でした。
制作者・ ナイナイ 様の公式ブログの方で、ゲームの更新情報が公開されています→DLサイト

スポンサードリンク