バレンタインナイトメア RPGツクールVX RTP (容量:約24MB)
探索型ホラーアドベンチャー。
バレンタインにあたる、2月14日。高校の卒業記念パーティーを開く為に集まった友人達が遭遇する物語。
友人達の生死に関わる「アクションイベント」、敵をやり過ごす「ハイド&アクション」操作があります。
*ホラー演出やBL要素が有るので、苦手な人は注意。


St.バレンタインナイトメア

制作者・IVORY DICE(イッキ)様による、前作ハロウィンナイトメアと同じく、家の中にある物を利用して、追ってくる敵から身を隠しながら逃走するシステム。
マークが出ている場所に隠れて、追跡者が部屋から去ってくれれば回避成功。
時折、『追跡者が出て行く気配がしない』等のメッセージが出る場合があり、敵の視界に入らないように部屋から抜け出す「H&A」の操作を行って危機を回避します。
追ってくる敵の移動速度が速く、家具の中に隠れても簡単に回避成功とはならないので、緊張感を持ってプレイできる作品でした。

友人達が独自に行動するイベントも発生し、その際に適切な行動をとらないと仲間を失ってしまうイベントルートに分岐します。主人公や仲間キャラの死亡時にも多くの演出が用意されているので、わざと選択ミスをしながらイベントを見ていくのも楽しめますが…
謎解きの数は少なめですが、前作のように主人公がヒントを喋るシステムは無いので、自分でメモをとって考える必要があります。

一つのエンディングに到達するまでのプレイ時間は、大体30~40分程度。
周回しながら異なる展開のイベントやエンド集めが楽しめます。
暗号のヒントとなるアイテムは探索で入手できますが、詰まった場合は公式サイトに攻略のヒントも公開されています。
(現在は、「バレンタインナイトメア」のリテイク版「St.バレンタインナイトメア」が公開されています。
未プレイな場合は、「St.バレンタインナイトメア」からのプレイを推奨されているようです。
リテイク版では、豊富なENDやCG、好感度や正気度等の新要素が追加。 探索の舞台は、主人公「松木 明枝」の家から「漆原 椰代」の別荘に変わっています。)
制作者様の公式サイト「象牙の賽」に、「Room7」 「贄ノ刻限」等の作品も公開されています→DLサイト

スポンサードリンク