00005 RPGツクールVX RTP (容量:約40MB)
「嘘」と「本当」が入り乱れた世界を彷徨う、探索ADV。
三人の少年少女から主人公を選び、ミステリアスな屋敷の中を探っていきます。主人公によって持っている能力が違い、発生するイベントやセリフが変化。

屋敷の中には何体かの「怪異」が出現し、ややホラー風味ではありますが、過激な恐怖演出はないのでホラーが苦手な人でもプレイできそうな内容です。

00003 0005

ゲーム開始時に、「片桐 由那」「麻生 遥香」「築島 新」の三人のキャラクターから操作する主人公を選択。
キャラクターによって、怪異の声を聞く、身を隠す、怪異を斬る能力等、持っている能力が違うので、屋敷内で遭遇する怪異との対処方法や謎解きに変化が出てきます。
どの主人公のルートでも第1幕は同じエンディングに到達するので、好みで選らんでも問題無さそうです。

屋敷の中を探索してアイテムやヒント、「怪異」の情報を入手する事でゲームを進展させていきます。
怪異の情報は所持品の「怪談集」の中に記録されていき、情報を得た後は屋敷の様々な場所に出現するようになります。
「怪異」は化け猫等の聞いた事のある怪談のキャラクター達で、下手に接触してしまうと主人公のLIFEが減少してしまい、0になるとゲームオーバー。
それぞれの主人公達が持っている能力、装備できる護身具を駆使して、上手く対処していく必要があります。

ヒントが少なめで次にどこに行けばいいのか戸惑う場面がありますが、一度確認して何も無かった場所でもゲームが進行した後に調べると新たなアイテムや情報を見つける事ができます。
一周目と二周目に選択した主人公では若干変化している部分もありますが、アイテムや怪異の情報は大体同じ場所にあるので、一周目クリア後は楽に進められますね。
三人の主人公でクリアすると、第2幕へ。(カルタの言葉が必要になるのでメモっておくか、セーブデータを小分けにして上書きしない方が良いです。)

怪異の話を聞いて解決しようとしたり、即戦闘を開始したりと、登場人物達の個性が出た行動や謎解きが面白い作品です。謎の多い屋敷のミステリアスな雰囲気や明かされていく秘密に引き込まれてプレイさせて頂きました。
制作者・真裕様のサイト「玄黄奇譚」に、「地下室ドールメーカー」等のRPG作品も公開されています。
「ゆうぎりの夢」の紹介ページにある「めやすばこ」で、攻略等の質問もできるようです→DLサイト