5699 RPGツクールVX Ace (容量:約87MB)
主人公は事故で両親を亡くした女の子、神崎シオリ。
両親の面影を探して『阿座河村』という土地を訪れるが、そこは足を踏み入れてはいけない“約束の場所”だった―

主人公の自宅から阿座河村の資料館等、複数の物語の舞台に移動して探索を進めていきます。
*ホラー演出や、敵から追われる要素があるので苦手な方は注意。行動によって5種類のENDに分岐します。

00000 00001

序盤は主人公の自宅から、「阿座河村」の資料館を訪れて探索を行います。資料館は内部に入った時点では真っ暗ですが、明かりが点くアイテムを見つける事で画面が明るくなります。
自宅~阿座河村の資料館までは、じんわりと不安を煽られるような演出が見られますが、徐々に恐怖演出や敵に襲われる場面が増えていきます。
探索によって「阿座河村」に隠された暗く陰惨な秘密が明らかになっていきます。

主人公を資料館まで送ってくれた巡査を始めとして、物語が進むと協力者となってくれる人達が現れます。
行動を共にしたり、主人公以外の登場人物の視点に切り替わって探索を行う場面もあります。
主要人物は可愛い絵柄の顔絵と立ち絵のグラフィックが表示され、ドットで表現されたキャラチップもそれぞれのキャラの特徴が出た雰囲気のある絵柄で描かれています。

謎解きは易しめで、探索でヒントとアイテムを見つけていれば解ける難易度。
資料館以降の場所では追われる場面も増えますが、ある人物から渡されるお守りのおかげで即死を免れるので(回数制限はありますが)、詰まる事無く先に進めました。

推定プレイ時間は、全てのエンドを見ても3~4時間程度。セーブスロットは16あるので小分けに記録しておけば、エンドコンプもやりやすいかと。
ホラー要素だけでなく、エンドを回収しながら見られるストーリーも楽しめる作品でした。
ED1が一番良いエンディングなのでしょうが、他のEDで語られる悲しく切ない結末も良かったですね。
制作者・星屑KRNKRN様のHPに、ED分岐条件や攻略のヒントが公開されています→DLサイト