第一章 RPGツクール2000製
諜報機関のエージェントや、街の異変に巻き込まれた登場人物を操作するアクションゲーム。
ある日を境に、都会の見知らぬ他人同士が何かに目覚めたかのように突如として人間を襲い出す―
敵を避けながら標準を合わせて銃撃する、バイオハザードの2Dアクションのようなシステムで戦います。


イメージ絵 3157_5

*第7回ふりーむ!ゲームコンテスト アクションゲーム部門金賞・大人気賞受賞。
不死鳥の棲む街 一章から最終章までの全六章構成のシリーズ。

一章で操作する事になる諜報機関のエージェント「T」、その相棒の「J」と、章によって複数の人物が登場していき、それぞれの視点で異変の原因を探っていきます。
戦闘はキー操作で敵に照準を当ててから攻撃するシステムになっており、敵が動き回るので操作に慣れない内は難易度高めに感じるかもしれません。
ガンシューティング以外にも、各章毎に鍵開けや群集に紛れて追っ手をまくミニゲーム等が多数用意されています。

多彩な演出やストーリー面も楽しめるサバイバルホラー作品。
第一章は大体30分程度のプレイ時間。ちょうど続きが気になる場面で終わっており、気付けば第二章、第三章とダウンロードして続け様にプレイしてしまいました。
ホラー要素も若干ありますがそれほど怖い表現はなく、様々なアクションや美麗なグラフィックで表現されるイベントに熱中してプレイできる内容になっています。

制作者・ 晋太郎 様の公式サイト「Labo(ラボゲームスタジオ)」にて、「UTOPIA 幻想ホラーアドベンチャー」、「神様症候群。」等の作品も公開されています。 「神様症候群。」はまだ第一章のみの公開ですが、こちらもシリーズ化されるようなので続編が楽しみです→DLサイト

スポンサードリンク